Arduino ベースのホーム セキュリティ システムについて知る

さまざまなタイプの住宅におけるセキュリティは非常に重要な側面です。 自宅でより安全に感じる方法はたくさんあります。 これを行う 1 つの方法は、CCTV カメラを使用することです。 自宅に CCTV を設置することは、自宅の盗難を防止する効果的な方法と考えられています。 しかし、それは本当ですか? これらのカメラを設置しても、自宅が盗難から 100% 安全であるとは限りません。 空き家時に家主の許可なく家に立ち入る人の存在を検知できるツールが必要です。 どのように? つまり、arduino ベースのホーム セキュリティ システムを使用するということです。

このセキュリティシステムは、複数のセンサーを備えたホームセキュリティシステムです。 PIR センサー (パッシブ赤外線受信機) は、特定の時点での人間の存在を判断するために使用されるセンサーです。 このシステムは、住宅や高層ビルの警報システムを増幅するためにも使用できます。 設置すると、人間だけでなく動物が発する赤外線信号を検出できるセンサーを発します。


制御システムの基準点は、室内の人間の温度変化であり、初期値または設定点とも呼ばれます。 発生する温度の変化は、PIR センサーによって検出されます。 センサーが人の動きを検知すると、マイクロコントローラーがブザーを鳴らし、記載されている番号に SMS を送信します。


そのようなセンサーシステムの 1 つが arduino です。 Arduino は、ロボットの作成方法を学びたい人や、さまざまなセンサーやコントローラーに関連する電子デバイスを開発したい人が使いやすいように特別に設計された、オープンソースの電子機器ツールです。 Arduinoを使用して、さまざまなセンサーから入力を取得し、さまざまなタイプのライト、モーター、およびその他の物理出力を制御して、インタラクティブなオブジェクトを開発することもできます.


もちろん、Arduino以外にも使えるマイコンはまだまだたくさんあります。 ただし、これらすべてのツールには 1 つの共通の目的があります。 これは、マイクロコントローラーのプログラミングにおけるあらゆる種類の複雑さと扱いにくい詳細を単純化して、使いやすくすることです。 Arduino の動作原理も同様です。 それとは別に、次のような無視してはならない Arduino の利点もいくつかあります。


Arduinoハードウェアは、125,000~400,000という比較的安価な価格で購入できることがわかりました。 もちろん、他のマイクロコントローラ プラットフォームと比較すると、Arduino ははるかに安価です。 それだけでなく、Arduinoはすべてのリソースが市場で販売されているため、自作することも非常に可能です.


Arduinoで利用できるプログラミング環境は、初心者には使いやすく、上級者には柔軟です。 教育レベルでは、Arduino は Processing プログラミング環境に基づいているため、学生は特定の処理に慣れ、Arduino をより簡単に使用できます。

No comments for "Arduino ベースのホーム セキュリティ システムについて知る"